忘年会で新年をよりよく迎えよう!抑えておくべきポイントを伝授★

20代30代の忘年会での立ち居振る舞いのポイント

1年間今年もよく頑張ったよね、と言った意味を込めて開催される忘年会は職場での人との開催が多いものです。正直めんどくさいなって思っても、建前で付き合う必要がある場合が多いです。どの世代でもそれぞれ立ち居振る舞いに悩む人が多いですが、ポイントさえ抑えれば大丈夫です。まずは20代だと目上の上司ばかりの席ですので、お酒の注文や空いたグラスの注文確認、料理の取り分け、これさえしっかりと行えば間違いなく今後も大切にされていきます。30代は上司と後輩の間ですので、会話を中心に広げるべきです。

忘年会での無難な話題作りポイント

会話を広げる為にどうすべきか悩みますよね。ここで抑えるポイントは「下ネタ禁止」「愚痴禁止」です。例えば「最近話題のアクティビティ」などを話題にすると上司も後輩も食いつきやすいです。最近ボルダリングが流行っていますよね、なんて振れば知ってる世代の20代が説明してくれ、上司は逆に、自分たちはゴルフばかりだな~、なんて広げてもらいやすいです。そこでそのままゴルフの話に持っていったり、他の話題アクティビティを話し合ったり出来ます。

忘年会が新年からの自分のポジションを決める

忘年会でそれぞれの立ち居振る舞いをしっかり行うことで、今後どれだけ重宝されていくかが決まると言っても過言ではありません。そして忘年会で決まってあるのは「催し」を振られることです。例えば、一発ギャグや面白い話など何か無いの、と言わんばかりに求められます。そこについても出来る範囲で努力することは大切です。忘年会から二次会に繋がることも多いので、例えばカラオケで踊って歌える曲を用意しておくなど、自分の持ちネタを用意しておけば困りません。

福岡での宴会にぴったりの会場を選ぶために、人気のある居酒屋やレストランなどのシステムを理解することが良いでしょう。