これまでの感謝を形に!食事会形式の披露宴

食事会の披露宴って?

一般的な披露宴のように大人数ではなく、主に親族のみで行う場合が多いです。結婚したことを両家に報告し、両家の顔合わせの場所として取り入れるカップルも増えています。最近は入籍のみで、結婚式自体を行うカップルも少なくなっている傾向にあります。そこで、結婚式や披露宴はしないけど、親族だけには晴れ姿をとお食事会でお披露目をするカップルも増えてきました。演出なども考えなくていいので、ゆっくり両家と食事や会話を楽しむことができますよ。

ウェディングケーキ入刀もOK!

もちろん、会場によっては、食事会形式でもウェディングケーキ入刀の演出が可能な会場も多いです。披露宴の醍醐味のひとつでもある「ケーキ入刀」。せっかくなので食事会にも取り入れてみてはいかがでしょうか。一般的な披露宴では、ケーキ入刀時はゲストの方で新郎新婦の周りが埋め尽くされ、親族の方は写真が撮れないケースも少なくありません。だからこそ、食事会でしっかり写真に収めてもらって。両家のご両親も一緒にケーキ入刀しても楽しそうですね。

今までの感謝の気持ちを食事会で!

親族のみの少人数のため、会費制や祝儀制にせずに、新郎新婦からプレゼントする場合が多いです。今までの感謝の気持ちを込めて、親族をおもてなししましょう。披露宴など大人数の場所では伝えることが恥ずかしい感謝の気持ちも、親族のみなら伝えやすいのではないでしょうか。会場と相談すれば、いろいろな演出もできます。両親に向けて、新郎新婦から手紙を読んだり、花束を贈呈したり。これまでの感謝の気持ち、これからもよろしくの気持ちをしっかり伝える場になりますよ。

少人数の結婚式なら東京の式場が挙げることをおすすめします。部屋の広さは限られてても、インテリアや部屋の作りが凝っているところが多く、おしゃれな結婚式になること間違いなしです。