結婚式の受付を頼まれたら!恥をかかない為に知っておきたい情報!

服装で注意する点は?

受付を頼まれた際、どういった服装で行けばいいのだろうと悩んでしまう人もいるのではないでしょうか。基本的には結婚式に参列する際のマナーに乗っ取った服装であれば問題ないですよ。ただ受付の場合立ったり座ったりお辞儀をしたりとよく動く為、肌の露出が少なく動きやすい格好で行くといいです。またいろいろな人の対応をする為、化粧やアクセサリーなどは控えめにしておくと好印象を与えやすいですよ。上記の点に注意して服装などを選んでみてくださいね。

受付はどんなことをするの?

受付を頼まれたけれどいったいどんなことをするの?と疑問に思う人もいますよね。受付の主な仕事はゲストに芳名帳を記入してもらう・ご祝儀を預かり管理する・席次表や席札などを渡したり会場の案内をするなどがあります。また細かい仕事内容は、当日の打ち合わせ時に式場のスタッフが丁寧に説明してくれるので、それほど心配する必要はないですよ。ただ直接ゲストの対応を行う仕事なので、失礼に当たらないよう言葉遣いには十分注意してくださいね。

受付開始の30分前には会場入りしよう!

受付をする場合、他のゲストより前に会場入りする必要があるんですよ。ではどれくらい前に会場入りすればいいのかというと、受付開始の30分前には会場についっているようにするといいです。早く会場に付くことで、余裕をもって打ち合わせを行うことが出来ますし、トイレなどの場所も事前に確認する事も出来ますよね。また公共機関で来る場合万が一トラブルに巻き込まれたときのことを考え、余裕を持って家を出るようにしてくださいね。とにかく後々バタバタしない為にも、早め早めに行動するようにするといいですよ。

結婚式場を東京で探しているなら都内とは思えない非日常空間でガーデンウェディングができる人気の結婚式場があります。